CKT1175-50

- 高電圧テストシステム -

分散的なスイッチング・マトリックスを持つ CKT1175-50システム

ckt1175_50_001

CKT1175-50システムは、スイッチング・マトリックスを工場あるいはテストされる部件の周囲に分散することができるような高電圧を持つ配線分析システムです。 このシステムは100あるいは150テスト点をインクリメントにして、最大96,000テスト点があります。このシステムはあらゆるアダプター・ケーブル・インタフェース・コネクタにすることができます。通常、標準のCKTのMACインタフェース・システムを備えています。

分散型スイッチング・マトリックス・ユニット

このシステムのスイッチング・マトリックスはあらゆるのテストシステム要求を満たすためにいろいろなパケージング仕組みに組み立てられています。これらの形式のユニットがテストされる部件の非常に近く置けるし、さらに中の装置を入れ替えることもできます。従って、長い、溶接していない、扱いにくいアダプター・ケーブルを使うことが必要なくなります。これによって、アダプター・ケーブルの製造、保存、接続にかかる高いコストが大幅に節約されます。

分散型スイッチング・マトリックスは次のような三つの形式でなっています。

  • スーツケース・スイッチング・ユニット。.
  • 現場入れ替えユニット (LRU)。.
  • 移動式、ラックマウント式。

このシステムの形式の多様性と自由に組み合わせる機能がありますので、テストられる部件の状況に従って最適な組み合わせでテストシステムを構成ができます。

分散型スーツケース・スイッチング・ユニット

ckt1175_50_suitcase_mac            ckt1175_50_suitcase_dl1

スーツケース・スイッチング・ユニットは1,000、 1,200と1,500テスト点の機器があり、いろいろな形のインタフェース・コネクタが提供されます。このシステムにおいて最大電圧1,500 VAC RMS、最大テスト電流5アンパアが提供され、コンパクトで、丈夫なパケージングで構成されています。多数のスーツケースが重ねって置くとき安定性を得るために、互いに固定させることができます。さらに使用しない時に前と後ろカーバが提供されています。 スーツケース型のユニットは外部電源による駆動するリレー、補助リレーの出力で ランダムアクセス4線抵抗計測とデーター・バスの位相検出もできます。

現場入れ替えユニット (LRU) スイッチング

ckt1175_50_lru   ckt1175_50_lru_example2  ckt1175_50_lru_example1

CKT1175-50スイッチング・ユニットはARINC現場入れ替えユニット(LRU)に直接に組み込むボクスがあります。 これらのゆにっとが飛行機の電子ラックあるいは配電パネルの指定された位置に挿入して使います。 従ってアダプター・ケーブルが必要ありません。 全ての ARINC 404と600装置に対してスイッチング・ユニットがサポートされています。それらのユニット中のテスト点数はARINCコネクタに従って組み込まれています。必要があれば、外部電源に駆動されるリレーも提供することができます。

移動式、ラックマウント式スイッチング・キャビネット

ckt1175_50_switching_cabine

移動型キャビネットは多くのテスト点がある区域に集中している場合にて適用します。一つの例は飛行機の仕切りの分離部位です。CKT1175-50スイッチング・キャビネットは最大6,000テスト点をサポート、いくつかのパケージング構成ができます。 しかもあらゆるのインタフェースコネクタが使えます。これらのキャビネットには高い品質の脚輪が付いて、移動しやすくためにつかみしやすいハンドルが付いてます。さらにブレッキがつけられていますので、安定に停められます。

デージーチェーン・ケーブル

daisy-chain01

同じシステムの中のすべての CKT1175-50スイッチング・ユニットには、一つの小さい直径のデージー・チェーン・ケーブルでつないでいます。このデージー・チェーン・ケーブルには制御台からの直流電源があり、ディジタルとアナログの制御信号が流れています。強い電子干渉が存在いる工業環境の中にもディジタル信号を確保するためにMIL-STD-1553バスを使っています。

最大な接続自由度を得るためにデージー・チェーン・ケーブルが星型と線型の任意な組み合わせにすることができます。デージー・チェーン・ケーブルの最大長さは500フィート (152メートル)です。

アダプター・ケーブルの自由接続機能

最大な仕事効率を得るために、アダプター・ケーブルがテスト機器のどのコネクタに接続してもよいです。CKT開発のソフトウェアは識別番号をアダプタ-・ケーブルに入れ込む技術と合わせて、どのケーブルがシステム・インタフェースのどれのコネクタにつないだかを自動的に検出して、 これに従ってテスト・プログラムを再調節します。操作する人は実行時間とエラー・データー出力されるときにいつも最初のアドレスを見ているので、この過程がはっきりわかります。

この機能は、特にCKTの アダプター・ケープル収納システ を合わせて使う時にアダプター・ケーブルの接続時間を最小にすることが可能です。これによって、従来の接続方法に比べられない大きくテストのコストを減ることができます。例えば、従来二台のCKTと同じサイズの他社のテストシステムが一つの飛行機をテストすることに対して、一台のCKT1175-50システムが今その仕事の25%以上完成することができます。効率が2.5倍も上がりました。
The operator interface is available in a number of languages: English, German, Italian, French, Spanish and Chinese.