CKT1175-MBA

高電圧テストシステム

CKT1175-MBA型マルチ・バス構造システム

ckt1175_mba

CKT1175-MBA (マルチ・バス構造)のテストする対象は、リレー、ソレノイド、スイッチ、回路ブレーカ、ランプとLED、ダイオード、抵抗、キャパシタなどのパッシプエレメントとアクティプエレメントを含む電子ラック、パネル、とシャーシです。 このシステムは10層深さまでのスイッチング・マトリクッス、いろいろな計測機器を制御するマルチプレックス、機器の接続装置と外部電源出力などから構成されます。

CKT1175-MBAシステムは絶縁抵抗、絶縁破壊と回路連続性のテスト機能のほかに、その拡張的なスイッチング構造によってマルチ計測器が任意のテスト点を計測する機能があります。簡単に言えば、各テスト点がほんどのランダムアクセスで、プログラミングにより標準スイッチング点にして2線計測ができ、センス点にして4線抵抗計測あるいはデーター・バス位相の検出テストもできます。さらに、 計測器の給電源接続点にして使え、あるいは補助機器(例えばLCRメータ)とテストされるシステムの接続点として使用することができます。 また精密な回路エレメントの計測のために、あるいはキャパシタンスの計測の時に分散キャパシタンスを削除するために各テスト点が”ガデイング”点として役割を果たしています。

ランダムアクセス・テスト機能のほかに、このシステムは次のような利点があります。

  • 外部電源出力パネルと分配パネルが必要しません。
  • すべてのアダプター・ケーブルは一対一関係です。”タコ”式と”Y”式ケーブルがありません。接続時間を省きます。
  • テストされる対象が変更する時に適応する過程が大きく簡単になっています。
  • テスト・データー開発期間が少なくなりました。

CKT1175-MBAのテスト点は100テスト点づつ増加できます。バスは2から10までです。 CKTのMACインタフェースは標準な出力コネクタです。しかしどのようなコネクタでも付けられます。 このシステムには1セグメント500テスト点を持つ自動動作式の挿入力いらないような(ZIF)インタフェースを使用することができます。

絶縁抵抗と絶縁破壊テスト用の電圧は最大 2,000 VDC / 1,500 VAC RMS、連続性テストの電流は5アンパアです。 アプリケーション・ソフトウェアは100% CKTが開発したもので、 (他社のソフトウェア使用していません)。OSはWindowsです。アプリケーション・ソフトウェアの機能はテストプログラムの生成からエラーの解析まですべての応用領域を含んでいます。 これらの機能はテスト過程をもっと効率的にしかもコストの効果のあるようになります。

本製品について、ユーザー・インタフェースは英語以外ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語と中国語がサポートされています。